たくさんあった!LED照明にすることのメリット

省エネルギーで電気代が安くなる

照明器具をLEDに代えることによって、従来の電球式の消費電力量が70wだったのに対し、12wで済むことになります。ですから、通常ではこれまでの電球と比べると、4分の1から5分の1程度の消費量となります。ですから、これまでかかっていた電気代も半額以下に抑えることができるということが言えるでしょう。また、省エネルギーなので、二酸化炭素の削減にも大きく貢献するという役割も果たすということにもなり、環境にも優しいということになります。

長寿命であり長く使うことができる

LEDの照明は、これまでの電球よりも長持ちであるというメリットがあります。これまでの白熱電球の寿命は1000時間から2000時間といわれてきましたが、LED電球の場合は、4万時間から6万時間ともいわれていますから、白熱電球と比べるとはるかに高寿命であるということが言えるでしょう。高寿命ということは、長い間電球が切れない状態が続くということであり、取り換える手間も省けて便利であるということも言えます。

低発熱で赤外線フリー

これまでのような白熱電球の場合、使用直後の状態は非常に熱くなっていて、間違って触ってしまうとやけどの恐れもあります。しかし、LED照明の場合は、使用直後に照射面に触れたとしても熱くありません。なぜならば、LEDの場合は、赤外線をほとんど含んでいないという特徴があるからであると考えられます。ですから、これまで発熱の問題で設置することができなかった場所にも設置することができるということが言えるでしょう。

ledパネルの色々な用途を知りたい時には、工業製品を専門に取り扱うメーカーに相談を持ち掛けることが大事です。