安心して過ごすためにも!有効なネット誹謗中傷対策

個人情報を必要以上に漏らさない

ネット誹謗中傷が心配な人は、できるだけ個人情報を記載しないように注意してみるとよいです。ブログやサイトを利用して書き込みを行っている人は、慣れてくることでついつい個人情報を記載しがちです。ただ、不用意に情報を記載してしまうとそこから足がついてしまい住所や氏名、仕事先などが特定されることになるのです。誹謗中傷を受けないためにも、個人情報をできるだけ公にしないように、十分に気を付けてみるとよいでしょう。

話す相手を選ぶようにしよう

ネットを利用していると、特定の人物と仲良くなることがあります。ただ、ネット誹謗中傷を防止したい人は、付き合う人物を見極めるようにしましょう。ネット上で付き合っていく場合、話をしている中で個人情報も暴露してしまいがちですが、相手の反応を見ながら話していく必要も出てきます。まず、話を行っていく中で、必要以上に深い部分まで聞き出そうとしたり、頻繁に連絡を取ろうとする相手には距離を取ったうえで警戒してみましょう。

専門家に対応を依頼してみる

ネットで個人情報が流されていることが分かった時には、できるだけ早めに対応してみる必要が出てきます。ネット誹謗中傷を行った相手がわかっている場合には、その相手に警告を行ってみるとよいでしょう。特に弁護士に依頼して警告を行ってもらえば、相手も驚いて誹謗中傷を行わなくなってきます。また、掲示板に誹謗中傷が書かれてしまったときには、管理者に依頼して気になる書き込みを削除してもらうと安心することができます。

サジェスト対策は言われのないネガティブな内容の広告などを非表示にし、風評被害を防ぐ目的で、広く企業などに導入されています。